プロのクリエイターのポイント

YouTubeの広告収入についてなかなか理解できないところもあり、まわりに副業、または本業として活用していないこともあり不透明でした。自分自身がブログでアフィリエイト程度しか経験がないこともなおさらです。
副業として動画でも撮ってみようかなと考えたのですが実際に考えるにあたり、どんなものか知りたいと考えて、出会ったのはYouTubeで頑張って稼いでいる方の動画です。
まず、登録者数、視聴回数、動画再生回数あたりの広告、CPMという広告収入に対する考え方など基本的な構造を学びました。正直なところ、単にYouTubeで動画をあげたからといって簡単に副業として稼ぐことができないということです。
しかし、非常に参考になったポイントがありました。
動画を企画するにあたって考え方のポイントです。
実際に自分の動画を多くの方々に見てもらいたいと登録者数を増やすために動画をあげても全くお金にならないことがわかります。
逆に、少しマニアックかなと考えていても特定の方に響く動画であれば広告もターゲットに刺さると言うことで、結果的に収入に結びつきやすくなります。
もちろんそのためにはマーケティングの勉強を行い、どのような動画がターゲットに刺さるのかを調査する必要があります。
最初の企画ポイントがうまくいけば、動画を撮影するのか、機材の準備やクルーの準備も比較的安いコストで済ましつつ、動画を上げていくことができるかもしれません。
また、副業としての収入を0にするのではなく、自分自身の考え方やライフスタイルを少しでも多く知らしめたいと言うことであればあまりこだわりなくYouTubeをスタートすることも可能かと思います。
現在、子供たちのなりたい職業にYouTuberがあげられるようになりましたが、そうでなくてもなかなかこの時間に行くインターネットのビジネスの世界の構造のセットで学習する機会を設けないとまずいのではないかと思いました。非常にスキームが複雑なだけに子供たちにはわかりにくいと思いますが、厳しい世界であることも併せて知ることが重要なポイントです。
私自身も自分がYouTubeを始めようと思わなければここまで考える事はなかったと思います。著作権や様々な障壁を乗り越えてこそ、このような動画が完成するのかと思うと、YouTubeでビジネスとして成立させている方々の努力や能力に感服する次第です。